小児歯科

小児歯科とは

小児歯科とは、成長発育期にある子どもの虫歯の予防や治療を行う診療科です。
対象となる子どもの年齢に特別な定めはありませんが、基本的には0歳児から12歳くらいまでを対象としています。
小児歯科では、単に虫歯の治療を行うだけではなく、歯磨きの指導や定期検査などを継続的に行いお子様のお口の健康をトータルでケアします。
お子様の成長発育にあわせたむし歯予防や歯周病(歯ぐきの炎症)予防、むし歯の治療、そして歯並びやかみ合わせの治療を通して、健全なお口の環境を育成していきます。

小さなお子さんのお母さんお父さんへ

小さなお子さんはどうしても、一般の歯科ではあまり見かけない「大暴れ」さんや、
まだ乳歯が1本も生えていない様な赤ちゃんなど、色々な患者さんが来院いたします。
多くの一般の歯科では、他の大人の患者さんもいますので、多きな声で泣いて暴れる子供を嫌うことが多いのですが、当医院では全くかまいません。
私どもの歯科医院には、小児歯科の経験が豊富なスタッフも居り子供達と上手にコミュニケーションを取り、治療を行っております。
大事なお子さんの未来の歯を残すために、是非当医院にお連れください。